神奈川県の自然素材の注文住宅ECO HOUSE・NEO_HOME > エコハウス・ネオからのお約束

これまでの家づくりと、これからの家づくり

家はご家族の幸せにとって欠かせない大切な空間です

エコハウス・ネオは家を造るひとつひとつの素材にこだわり、
環境や健康に配慮した高機能な素材を使用しております。

私たちはそれぞれの素材の長所や特徴を熟知し、
素材の能力を最大限に生かす組み合わせを提案しております。

家族が健康に笑顔で暮らす大切な家を建てる理由について、
もう一歩先へ進んで考えてみませんか?

  • ロックウール・グラスウール
    断熱材を覆うフィルム表面で結露する恐れがある。また、経年劣化で湿気を吸い、断熱性能が著しく低下。
    重みで脱落し、熱欠損を引き起こす場合もある。

    羊毛断熱材
    輸入が多いため高価でコストがかかる。また、羊自体が殺虫剤をかけられ育つため、何度も洗浄するコストや手間もかかる。除草剤やホウ酸が多く含まれている。

  • 発泡ウレタン断熱材
    木造の場合木の動きや地震などで隙間ができ、熱欠損を引き起こす。
    5年程度でガスが抜け空気と入れ替わるため、断熱性能が低下する。

    発泡ポリスチレン断熱材
    フロンガスを仕様する発泡プラスチック系だと、5年程度でガスが抜け空気と入れ替わるため、断熱性能が低下する。防音効果が薄いのも欠点の一つ。

  • スレート瓦
    スレート瓦は塗膜寿命が短く5年~8年くらいで防水効果がなくなる為、気づいた時には痛みが進行している現状が多い。
    早いサイクルで塗り替えをしなければいけないのでコストもかかる素材。

  • ビニールクロス
    グラスウールなどと、同じで室内側もビニールクロスを使えば、
    透湿性がなくなり、壁体内結露が起こる。カビ・ダニの繁殖も誘発する為アレルギーなどの健康を害す原因に繋がる。
  • 一般的な外壁通気工法
    あらし(木下地)を使って施工すると、結露や漏水によって下地が腐朽し、クラック(ひび)外壁の落下等を引き起こす。

  • 樹脂系モルタル
    アクリル樹脂系の為静電気を帯びやすく、ほこりや排気ガス等を寄せ付け黒ずんで汚れてくる。

私たちはこういった化学製品で包み込む家づくりを改め
自然の特性を生かした住まいに取り組んでいます!

いい素材を使う=いい家が出来るのではありません

知識と経験でそれぞれの能力にあった施工をし、
はじめて『呼吸する家』が生まれるのです。

エコウハウス・ネオは世界中から探し出し、
考え抜いた部材を正しく理解し施工することで、

常に綺麗な室内空間で快適な暮らしを送り、
有害物質やカビダニを発生させず家族の健康を守り、
結露を防ぎ腐朽させず家を長持ちさせ、
大切な子どもたちへ残すことのできる

そんな家づくりをお約束致します。

page top