神奈川県の自然素材の注文住宅ECO HOUSE・NEO_HOME > 呼吸する壁材 スイス漆喰の魅力

アルプスの天然塗り壁の力

スイス漆喰は呼吸する壁です

スイス漆喰は、スイス産の最も純粋な石灰岩などの天然成分100%を使用しています。
スイス漆喰の主成分である「石灰」。
元々の由来は貝殻・サンゴやプランクトン等の生物起源にあります。それが長い時間をかけ堆積し、地層を作り隆起したものです。
スイスアルプスの純粋な石灰を、950℃という低温でゆっくり焼成して細かく均一な粒子の生石灰を生成し、それを3ヶ月間水で熟成させてスイス漆喰は出来上がります。

スイスの漆喰は、ブナセルロースの粉や亜麻仁油、石灰石粒(骨材)といった天然素材のものを加え、3カ月以上熟成させた消石灰を主成分にすることで、非常に割れにくい素材になっています。

塗り壁ならではのメリット

壁紙にはない素材感やコテ跡のテクスチャーによって様々な印象を与えることができます。
石灰の細かな粒子がコテ塗りの立体感を引き立てます。
厚みがつくので、スイス漆喰の効果を発揮し、
高級感を演出します。

天然の素材がもつあたたかみ味わいを感じることができ、
光をおだやかに反射するので柔らかな雰囲気
演出してくれます。

スイス漆喰の不思議な力


スイス漆喰は、合成樹脂を含んでいないので静電気が発生しないため、ホコリや排気ガスを寄せ付けません。
スイス漆喰の持つPH12.4の強アルカリ性によってアレルギーの原因になる菌類・カビ・ダニの生息を抑え
死滅させます自浄作用により汚れが分解されるため、
美しい白をいつまでも保ちます。

スイス漆喰は吸放湿性に優れ湿気をコントロールし、
壁自体が呼吸をすることで嫌な臭い有害化学物質も吸着し、いつでもすがすがしい空気に保ちます。

化学物質の力を借りず空気中の二酸化炭素を吸収しながら結合し、100年以上に渡り下地と強固に接着します。生物のように呼吸する住宅が住む人と環境を健康にし、住宅の高寿命化を実現します。

page top